地域のための学習と交流の場「仙川ラーニングプレイス」

講座詳細

英語教室(長文読解・文法)

文法も身につく長文読みとき講座!

読解問題は、模擬試験はもちろん本番の入試においても配点の高い分野です。説明文や物語文などできるだけ多くの文章を読む機会を持ち、志望校に一歩近づくためにも、英語の長文を得意分野にしておきたいでね。

長文読解に必要なものは、語彙力と文法理解力です。筆者は現在の学校での英語教育において文法がやや軽んじられているように感じています。文法と構えることから、英語嫌いになってしまう生徒も出てくるために、意識的にその言葉に触れる頻度を低くしているのかもしれません。確かに、言語はコミュニケーションのツールですから、文法のまちがいを恐れずにどんどん話すことも大切です。しかし、的確な文法を使うことで、自分が言いたいことが正しく表せますし、また相手の伝えようとする内容を正確に掴むこともできます。

ずっと先のことで想像が難しいかもしれませんが、将来に社会に出てからも質の高い英語は生き抜いていくための武器にもなります。

講座では文章の意味を掴むための重要な要素である文法の理解と語彙力の基礎固めをしながら、読解トレーニングを進めていきます。尚、英語の語彙を増やすには、日本語の語彙力がなければ難しいことから、授業の一部の時間を取って、日本語確認の時間を設けています。

教材は、事前面談と初回の診断テストに基づき、受講者の意向を確認して適切なものを個々に選んでまいります。


【余談 英語を楽しむために】

英語の中には、日本語と同じように美しい母音の響きを持った言葉があります。
中でもはっきりしているものが、アメリカの州の名前です。
これらはネイティブアメリカンの言葉に由来しており、以下、州名と意味ですが、ミネソタ(空色の水)、ミシガン(巨大な湖)、ミシシッピ(父なる川)、ミズーリ(大きなカヌーの町)等、水に関する名前に「み(し)(ず)」がついています。 どこか親しみを感じませんか。
☆こんなエピソードがあると、がぜん英語学習が楽しくなるのでは? 授業は海外での生活経験豊富な教師陣からのトピックスも含めて、興味深い話も満載で進めていきます。

参考文献:『アメリカ歴史の旅』 猿谷要著 朝日選書


対象
中学2~3年生
日時
中学2年生: 毎週火曜日(月4回)
19:00 ~ 20:20
中学3年生: 毎週金曜日(月4回)
19:00 ~ 20:20
月謝
中学2年生 12,000円
中学3年生 13,000円
定員
各時間帯3人まで(小人数制)
講師

向井 雅恵
個別指導進学塾での高校受験生の英語指導においては、受講者から高い評価を取得し、現在もその力を発揮中。広島大学教育学部英語教育学科卒。英検1級保有。

水越 緑
外資系企業在籍中に、海外オフィスでの研修経験や上司や同僚が外国人という環境を通し実用的な英語力を培う。中学生・高校生の英語指導歴あり。TOEIC850点 東京女子大学卒。

尾崎 加織(画像通信システムを通して適宜参加)
日本企業の米国支社で働く傍ら、翻訳・通訳業務にも従事。米国在住。米ノースウェスタン大学言語学修士課程修了。


現在募集しておりません。